代表ブログ

2018.02.11

2018/2/11 ビリギャルこと小林さやかさん講演会 in 静岡

本日2/11日、ビリギャルこと、小林さやかさんの講演会に行ってきました。

よいお話を聞けました。

ビリギャルは数年前に本がベストセラーになり、映画化もされていますのでお知りの方も多いと思います。

学校で成績がビリだった女性が、塾の先生に出会うことで勉強に目覚め、慶應大学に入学するというサクセスストーリーです。

私は本を買ってはいたのですが、家族が先に読んでしまい、そのまま保持していたので、ちゃんとは読んでいませんでした。概要のイメージくらいは知っていたつもり・・・。

 

今回、近くの大学の学生が、この講演会を企画する、知り合いの学生さんで、しかもクラウドファンディングを行う、ということで、金銭的な支援もしていました。あまり深く考えず、それなりの金額を支援していたら、本日の席は最前列の中央といういちばんいい席・・・。目の前にビリギャルこと小林さやかさん、そのお母様のああちゃん、がいらっしゃって、びっくり。お二人とスライド以外目に入りませんでしたよ。

  

 

お二人に目の前でお話しいただき、講演会後は別室で15名程度でお話を聞く機会も持てたのですが、印象に残ったことを絞って書くと以下の通りです。

 

・自己肯定感の重要性

・自分を限界にまで追い込める素直なストイック性

・本人の資質 × お母様の教育 × 塾の先生のコーチングスキルの相乗効果

・大人がワクワクした姿を子どもに見せるのが大事。 

 

とくに自己肯定感が高くて、自分に対する楽観的な自信があるというのがいいようです。

 

私も会計士受験の頃や、起業独立してから、人に教わったことを、素直に、自分の限界まで追い込んで行ったことがあります。その点で自分の経験にいている、と思う点もありましたが、逆に、あまり人に頼れなかった、という自分の素直でない点は反省しましたね。

 

頼るべきところは頼り、聞くところは聞けるようになると私ももっと伸びるのだろうと思います。その点、小林さんは素直に塾の先生(坪田さん)に頼って従ったので、大学受験に成功したのでした。

 

 

 

今回は家族も同伴したのですが、妻、娘ともに大よろこび。大いに学びがあったようです。

娘にとっては本を読んであこがれの人が目の前にいて、しかも直接、話もできて、ということが感激だった様子。良い経験をさせてあげられた、と思います。妻もいろいろ感じるものがあったようです。

 

 

今回は、ビリギャルこと小林さん、お母さま、またこの講演を企画してくれた大学生の徳永さん、実行委員のみなさんの努力や苦労があってのことでした。こころより感謝いたします。

事務所案内

白岩会計事務所のホームページにお越しいただきありがとうございます。

ごゆっくりご覧ください。

----------

白岩会計事務所

代表 白岩俊正

公認会計士・税理士

静岡市駿河区池田616-2 パレス葵102
電話:054-267-2370

(平日 9:00~17:00)

メール:info@shiraiwa-kaikei.com

メールでのお問い合わせ
(24時間無休受付)
※原則48時間以内にご対応いたします。

事業内容

会計税務業務

決算・税金申告、帳簿作成・記帳代行、税務調査対応、節税アドバイス

経営コンサルティング・サポート

営業マーケティング、融資(銀行交渉)、経営計画作成、助成金・補助金獲得、求人・採用

ページの先頭へ