代表ブログ

2018.03.06

2018/3/5 自撮りがうまくなるコツ

自撮りがうまくなるにはコツがあります。

そのコツとは・・・???

私は自撮りをよくします。主にfacebookに投稿するためです。

 

私のような自営業者は自分が商品のため、自分自身を売ってゆくしかありません。その自分を売ってゆくのに、いちばんいいのは顔を出すことです。顔というのはいちばんのオリジナルであって、他の人にマネのできないものだからです。

 

それであるため、顔を最初に売ってゆくのが良いと思っています。顔の次は声でしょうか。その次辺りに、仕事の知識、スキル、あるいは人脈、資金力などがありますが、それらは見えにくい、見せにくい、わかりにくいです。

 

そこで私は自撮りをよくしていますが、自撮りがうまくなるコツは??は尋ねられました。

 

答えとしてはシンプルに、数をたくさん撮ること、だと思います。

 

たとえば、私は1カ所で10~20枚くらい撮影することもあります。1~2枚で終えるということは少ないです。グループでいて、何枚も撮れないときは1~2枚で終えますが、自分ひとりのときは10枚くらい撮ることが多いです。

 

そんなの恥ずかしい、考えらない、という方もいると思いますが、私としてはそうしないと商売にならないと思っているのでやっています。やっていますが、楽しんでやっているので、ムリにしていると思ったことはありません。恥ずかしい、とも思わないです(まったく思わない、ということではないですけどね…)

 

たくさんの自撮り写真を撮る中でいいモノを採用します。とくに私の場合、度の強い眼鏡をかけていて、眼鏡をはずして自撮りするので、目の焦点がスマホのレンズに合ってないことも多いです。アングルもよく見えない中で撮影するのでおかしかったり。そのためにも何枚も撮影します。その中のベストのモノを使います。

 

その写真をアプリで加工することもあります。基礎的な加工しかしませんが、それでもオリジナルの写真よりは見た目が良くなるので、アプリを使います。

 

この辺りが、自撮りがうまくなるコツでしょうか。数多く撮ること、アプリを使うこと。

 

 

ただそれ以上に重要なことは自分の外見と折り合いをつけることでしょうか。自分の外見、見た目、顔が好き or キライという方もいらっしゃると思います。好きな方はいいですが、キライな方はなかなか難しいですよね。コンプレックスを克服するにも大変だとは思いますが、何とか克服していただきたいものです。コツはお笑い芸人が行っているように、コンプレックスを笑いに換える、ということでしょうか??

なかには大した特徴でもないのにムリヤリ笑いに変えているお笑い芸人の方もいて、見ていて痛々しいのですが、同じように友だちだけでもいいので、外見のコンプレックスを笑いに換えてみたら、それが好きになるかもしれません。その前提に強いハートが必要かもしれませんが。

 

 

以上、うまくまとまらなかったですが、自撮りのコツでした。。。

事務所案内

白岩会計事務所のホームページにお越しいただきありがとうございます。

----------

白岩会計事務所

代表 白岩俊正

公認会計士・税理士

静岡市駿河区池田616-2 パレス葵102
電話:054-267-2370

(平日 9:00~17:00)

メール:info@shiraiwa-kaikei.com

メールでのお問い合わせ
(24時間無休受付)
※原則48時間以内にご対応いたします。

事業内容

税務業務

税務代理、税務書類作成代行、税務相談

決算・税金申告、確定申告

記帳代行・会計帳簿作成、経理代行

税務調査立会、節税アドバイス

相続対策

 

経営コンサルティング

起業支援

融資サポート・アドバイス

 

専門家紹介

弁護士、司法書士、社会保険労務士、行政書士、中小企業診断士、不動産鑑定士ほか

ページの先頭へ