起業

2020.11.24

2020/11/24 友だちと起業

 2020/11/24 友だちと起業

 

友だちと一緒に起業しようと思うのですけれど

大丈夫でしょうか??

 

という質問を受けることがあります。

そのときに僕が答える内容は??

公認会計士・税理士として相談を受けるなかで、ときおり、

 

「友達と共同でお店を出す/起業する/会社を作る/事務所を借りるなどしようと思いますが、どう思われますか??」

 

と相談されることがあります。

 

そのとき、私の答えは

 

「やめたほうがいい」

 

です。

 

私の知っているケースではほとんどがうまく行きません。

 

その理由として

 

・共同で行うことでお互いの負担を軽くしたい

・同じ方向を向いた仲間とわくわくしたい

・儲かったら平等に分け合いたい

 

あるいは

 

・ひとりでは怖いから、誰かと

・ひとりではお金がないから、誰かと

・自分は○○ができるけど、××は苦手だから、ほかの人に任せたい

 

という打算も見えます。

 

そのような両者の思惑の結果

だいたいは長く続きません。

 

いつのまにか

 

・その仕事を辞めている

・店を、会社を、事務所を閉じている

・仲が悪くなって全然連絡しなくなってる。

 

ということが多いです。

 

ビジネス、というのは

ワクワク楽しいものでありますが

それ以上に大変なものでもあります。

 

それをすべて請け負ってこそ

起業であって

甘えは許されません。

 

とくに起こることすべて自分の責任

というマインドでないと

おおよその企業はうまく行きません。

 

私も起業して8年になりますが

起こることすべて自分の責任

とくに悪いことはすべて自分

良かったことは、周りにいる方、お客様、スタッフさん、家族、友人・知人のおかげ、あと運のおかげ、と思っています。

 

それくらいの覚悟と寛容力が必要です。

 

しかし、友だちと一緒に行ってしまうと

いつしか甘えが出ますし、

話し合いもかみ合わなかったり

感情的になったりして

うまく行かないことが多いです。

 

両者ともに、一生懸命だからこそ

ぶつかるのですが、

それいつしか、怒り、諦め、嫌悪になることが

多いです。

 

そして、二度と口を利かない関係になったり。

 

というようなビジネスで友情が崩壊する例は何度も見てきているので

私は友達との起業、ビジネスはおすすめしません。

 

あなたがもし友だちと起業されようとしているのでしたら

考え直したほうがいいです。

 

なお、友だちと対等の起業はやめたほうがいい、という意味であって

あなたがトップで全責任を負う(借入もあなた名義だけなど)で、

お友だちが従業員ということでしたら、まだいいと思います。

 

そのような上下関係を付けたうえでの

起業はありですので

もし友だちの力を借りたいのでしたら

明らかな上下関係、責任の所在を明確にしたうえでの

起業をおすすめいたします。

2020.11.21

2020/11/21 自営業、フリーランスの値段のつけ方

 2020/11/21 自営業、フリーランスの方の値段のつけ方

 

起業して、フリーになって困ることのひとつは「値段のつけ方」ではないでしょうか??

(○○円に設定して、高いと思われないか??)

(××円なんて、安すぎない??こんなのイヤだ)

(□□円が相場かなぁ。もっと欲しいなぁ)

 

など悩まれるともいます

 

そんな悩みの教唆になれば幸いです。

https://stand.fm/episodes/5fb8d398ee49a49cad99160a