毎日5分読書

2021.01.01

2021/1/1 ポール・ウエイド『プリズナー・トレーニング』

 2021/1/1 ポール・ウエイド『プリズナー・トレーニング』

 

 

身体のトレーニングについて書かれた本。

著者はアメリカの刑務所で20年近く過ごした方。

 

アメリカの刑務所は受刑者同士の争いが熾烈で

生き抜くにはじぶんを鍛えるしかない、

 

そのために身体を鍛えるのですが

刑務所にはジムやマシーンがあるわけではないので

刑務所の部屋で自分の体を使って

身体を鍛えることになる。

 

それが結果的に良いのだ、とのことでした。

 

現代ですと、身体を鍛える方は

ジムに行きマシーンを使って体を鍛え

プロテインを摂って意図的に筋肉をつける

などします。

 

その結果、身体はいびつになるとのこと。

 

それよりも自分の身体だけで

自重、といいますが

自重だけで体を鍛える方が

結果的に全体的によくなる、とのことでした。

 

だって、昔の人はジムもマシーンも

プロテインもなかったでしょ。

 

ふむふむ。

 

僕のメンターからこの本を進められて

買って読んでみました。

 

ちょっとボリュームが多すぎる

もっとすっきり書いてくれないかなぁ、とは

思いますが

 

非常に参考になりそうなので

また読んで実践してみます。

 

アマゾンはこちらから。

https://tinyurl.com/y8o9pzqm

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム