スタッフブログ

2017年02月

2017.02.23

2017/2/23_【野添】やってきました

今年もどうやらやってきたようです。そう花粉症です!

周りがザワつき始めていたけど、私は「まだ大丈夫」でした。
目のかゆみはそれほどでもないのですが、鼻水が垂れてきて、今日は朝から何度か鼻をかんでいます。

若いときに比べたら症状が軽くなったように思っていたのですが、ここ2、3年前ぐらいからまた酷くなってきました。
とくに鼻詰まりが酷くて、夜眠れない!
完全に詰まっていて、鼻から息が抜けないのです。
ご飯を食べるのも苦しいし、美味しく感じない・・・。もちろん集中力もなくなります。
夜眠れてないから仕事中に眠くなったり。

若い時はそれを我慢して乗り越えていましたが、おばさんと化した今の私は、さっさと諦めて耳鼻科に行きます。
そこで出会った点鼻薬!これを初めて使ったときは、「もうこれなしでは生きていけない!」と思ったほど、効き目が良く爽快でした。
目薬をさすように、鼻に1、2滴垂らすのですが、すぐに鼻がスース―と通るようになります。
鼻の穴が全開!になっている感じです。
効果は私の場合、6時間ぐらいで切れるでしょうか。それでも夜熟睡できることがありがたいです。

点鼻薬と上手く付き合い、それと併せて薬も服用することで、花粉のシーズンを乗り越えられます。
若かった私に伝えてあげたかった、我慢しないで耳鼻科へ行きなさいと。。
諦めも時には重要です。

2017.02.23

2017/2/23 [木村] 2月22日

 2月22日って、猫の日なんですね。テレビの情報番組で知りました・・・

猫の日実行委員会っていうのもあり、世界各国で制定されているそうで、初めて知ってビックリでした。

私もネコは好きな方ですが今は飼ってはおらず、いつか余裕ができたら飼ってみたいなぁと思っています。

全国のネコちゃん大好きな人達は、この記念日をどう過ごしたのでしょうか・・・

そして、2月22日ついに「株式会社」が、白岩会計事務所のもうひとつの顔として始動しました

今後どのようになっていくのか、期待と不安もありますが、みんなの「みらい」の為に、発展していくことを願っています

2017.02.17

2017/2/17 [木村] 憂鬱な季節

 今年もまた、この時期が目前までやってきました。そう・・・花粉の時期です。2月に入ってからは毎日マスクをして、いつ始まるか!という思いで過ごしています。

春という季節は温暖で、好きな方も多いと思いますが、私も大好きな季節でした。花粉症になりはじめはそんなに辛さを感じないほどでしたが、年々酷くなっている気がして、気づけば「あ~またこの時期がきちゃったぁ」と毎年憂鬱になっています。

「花粉症に効きます!!」なんて書いてあると、手が届く範囲のものは試してもいますが、なかなか効果的なものには出会えません。

多忙なこの時期の花粉症は、集中力も欠けてしまい本当に困ります

ただ、私の場合は今の時期を過ぎると終わるので、これから完全防備で立ち向かっていこうと思います。

2017.02.14

2017/2/14_【野添】スキー旅行

週末に長野県へスキーをしに行ってきました。去年、一昨年は行けなかったので、3年ぶりのスキーでした。


前回行ったときは息子はまだ保育園の年中さん。補助なしでは全く滑れない状態だったので、今回はどこまで付いていないとダメかなと心配していました。
しかし初級者コースを一度滑ったら感覚をつかんだのか、最初は2、3回転んでいましたが、その後初級者コースは全く転ばなくなり、娘が「普通に滑れてない?私の立場が・・・」とぼやいていました。

その後中級者コースに移動して滑っていましたが、滑る距離が長くなると私の体力がもたず、子供たちにどんどん置いて行かれるように。
滑るのは私の方が上手いのですが、体力は子供たちの方が圧倒的に上でした。

その夜はみんな20時頃には就寝。(娘は22時まで起きていたようですが)
翌朝起きると、私の顔の酷いこと!
目の下にものすごいクマが出来ていて、ひどく疲れた顔をしていました。
10歳は老けて見えたような。。

子供たちは朝から張り切って、新雪のスキーを楽しむ気満々。
私も楽しみましたが、これは本当に日頃運動して体力つけないといけないなと思った今回の旅行でした。

2017.02.10

2017/2/10_【野添】授業参観

今週は小学校の参観会がありました。

6年生は小学校最後の参観会なので、特別何かあるかなと思いましたが、普通に授業が行われていました。

6年生ともなると授業の中身がしっかりしていて、子供たちの発表の様子など見ていると、成長を感じ驚かされます。
教室の後ろや廊下に貼ってある掲示物を見てもそう感じました。
文章を書くのもとても上手くなって、低学年の時「日記の書き方がわからない」とか、「読書感想文をどう書いていいかわからない」とメソメソしていたのを思い出しました。

廊下には将来の夢が貼ってありました。みんな夢が具体的で、これから夢に向かって頑張っていくのだろうなと思い、頑張れ~という思いと、若いっていいなぁと改めて思ったのでした。
うちの子も将来の夢について書いていましたが、私の意見(希望)が入った内容なので、できればこれから何をやりたいのかを自分で見つけて、それに向かって頑張ってくれると嬉しいなと思います。

私は子供の頃将来何になりたいと思っていたっけ?と考え、私は漠然としかなかったなぁと思い出しました。
子供たちみんなが自分の夢を叶えてくれるといいなと思います。

2017.02.09

2017/2/9 [木村] 開催することの大変さ 

 先週末に「駿河東海道おんぱく」というイベントで、主人が「ツリークライミング体験」のイベントで参加しました。

・・・駿府公園での木登りです。

私は全く関与せずにその様子をただ見ているだけでしたが、打ち合わせからイベント当日まで、まあ大変だな~という思いでした。

まず、このおんぱくのイベントで、ツリークライミングの許可がおりるかどうか。まだ馴染みのないツリークライミングの 「それってなに?」 の質問に答えるところからのスタートでした

許可がおりてからは、集客、広告宣伝、開催日時、費用、事故対策、サービスなど、その準備の多さにビックリ

普段から白岩さんがイベントの準備をしていますが、大変そうにやっているのを見たことがなく、ささっと準備している感じなので、ひとつのイベントを開催するのがこんなに大変だとは思いませんでした。

実際にツリークライミングを体験した人々がとても楽しんでくれて、主人もその姿にようやく「やってよかったー」という思いが生まれたようでした。それと「次もやりましょう」と主催の方に言ってもらったこと

まだまだ知られていない「ツリークライミング」ですが、今後たくさんの人に楽しんでもらえるよう、私も影ながらお手伝いしていきたいと思います。

Copyright (C) 白岩会計事務所 All Rights Reserved.