スタッフブログ

2018年05月

2018.05.29

2018/5/29_【野添】 運動会

この前の土曜日は小学校の運動会がありました。
ほどよく曇っていて過ごしやすい天気でした。

息子が出る種目は徒競走とソーラン節のダンス。
事前に走るコースを聞いていたので、ビデオで撮りやすそうな位置でスタンバイし、順番を待っていました。

一緒に走る子たちがみんな足が速いから勝てないという話を聞いていた通り、なかなか苦戦して結果ビリでした。
後ろから3番目ぐらいに走っていたので、おそらく足は速い方なのではと思うのですが、それでも4位は悔しかったようで、もらったシール(順位が書いてある)を私に隠していました。

ソーラン節は毎年4年生が躍るのですが、運動会の見せ場の1つという感じです。
息子が1年生の時のダンスの様子を記憶していた娘が、「また適当な踊りをするのでは?」と心配していましたが、しっかりと踊っていて成長を感じました。

しかし毎年思うのですが、ビデオ撮影が大変!父兄も多いのでなかなか場所取りに苦労します。
一番前では撮れなかったので、腕を伸ばして撮影していて、後半は腕がプルプルで画がブレブレでした。
しかもレンズ越しに見ているので、しっかり見れないのも悲しいところです。

運動会が終わって家に帰ってきた息子。
食べ終わったお弁当箱と水筒を受け取ると、水筒には堂々とあのシールが貼ってありました。
立ち直りが早い息子になんだか笑えました。
来年は頑張って欲しいなと思います。


2018.05.28

2018/5/28 [木村] 運動会

 先週末は、小学校の運動会でした。

気温は暑すぎず、薄曇りで、応援する大人達にとってもありがたい天気でした

まだ小さくてかわいい、低学年。

ちょっとおおきくなり、かっこつけたい中学年。

みんなのお手本になり、運動会のお手伝いもいっぱいしていた高学年。

どの子も精一杯、頑張っていました。

一生懸命に走る姿、踊る姿、競技する姿を見ていると、涙が出てきて止まりませんでした・・・

高学年になった我が子も、なんだかんだ言いながらも家でも練習し、本番に向けて一生懸命練習しており、結果、失敗しても、負けても、精一杯の姿には、感動

どの子も、心身ともに成長を感じる一日でした

同じ「スポーツ」という点で、今、大学のアメフトチームの危険な行為が話題になっており、日々気になる話題です。

実際にその行為をしてしまった選手の、その時の状況や心情を思うと、心が痛みます・・・

何が真実なのかはっきりしていないようですが、これから未来ある若者の今後を、どうか無くさないで欲しいと、切に願います。。。

どんなスポーツでも、ルールに則って、正々堂々と戦って欲しいですね

2018.05.17

2018/5/17 [木村] 旗振り当番

 今日は、小学生保護者のお仕事、「旗振り当番」 でした。

地区の小学校に通う子供がいる方は経験があるかと思いますが、朝の通学時の「見守り」です。

時間は朝の30分間だけですが、通勤、通学ラッシュの時間帯で、場所は商業施設裏の、商品搬入口のところの信号機のない交差点のため、かなりの混雑

徒歩の小・中学生に、自転車通学の高校生。会社へ急ぐ車や自転車、すでに仕事中のトラックの多いこと

まだ小さい小学生は、眠そうな顔でボーッと歩く子、途中でランドセルを開けて忘れ物チェックしている子、早く行こうとダッシュする子・・・などさまざまです

毎回、そんな姿を見ていると、「ここに立っているだけでも意味があるんだなー」と感じます。

私が旗を広げて、子供達が交差点を渡るときには、とりあえずどの子も私の存在には気づいてくれて、見てくれる。

大きな声で「おはよう!いってらっしゃ~い」って言うと、「いってきま~す」と返してくれて、一瞬だけでもシャッキッとするからです

朝は誰もが忙しく、当番が回ってくるたびに「あーまた旗振りか・・・」なんて思ってしまうのですが、子供達を見送ったあとはホッとして、そして結構いろいろな人の朝の顔が見れていいかも!って感じます。

この場所は、たまに婦警さんも一緒に立っているときがあり、かなりの人が注意を受けています

急いでいるのにっ!ってみんな思っていると思いますが、違反は違反なんですね。

もちろん、私も気をつけなければいけませんが、この一言のおかげで事故が未然に防げていると思って、今後も交通ルールを守って通勤、通学しましょう

2018.05.10

2018/5/10_【小野】 昭和生まれvs平成生まれ

 
平成生まれ・昭和生まれの生活意識調査 
http://www.sonylife.co.jp/company/news/30/nr_180508.html



こんにちは、なんとか昭和生まれの小野です。
ソニー生命さんの意識調査が面白かったので紹介です。


いろいろ項目がありますが、
「平成生まれが、"この人は昭和生まれだな"と感じる言動」
が笑っちゃいました。







平成30年の調査なのに出てくる「あたり前田のクラッカー」は凄いですね。

リアルタイム世代は昭和30年代生まれくらいだと思いますが、
昭和61年生まれの私でも子供の頃はよく聞いたフレーズです。

2位は個人的にはあまり出会わないですね。
「アベックはフランス語」と解説するとこまでがセットのイメージ。

3位は日常的には使わないですが電話口で説明するときは許されるんですかね?
リポビタンデーは平成生まれには古い響きなんでしょうか。



その他エンタメ関係の比較なんかも時代が見えて面白いですし、
逆に結果が似たり寄ったりになる好きな給食も興味深いです。




最後に経済関係ですが、
 ・給料vsやりがい 平成生まれは「給料」、昭和生まれは「やりがい」が大切
・「同じ職場で長く働きたい」のは平成生まれより昭和生まれ  
・これからの日本経済を「楽観視」しているのは昭和生まれより平成生まれ


どうでしょう、私としてはなんとなくイメージ通りです。

今後の経済は少子高齢化をはじめ様々な問題がありますが、
未来は明るいと信じて暮らすほうが健全だと個人的に思います。





ちなみにこの調査の注意書きとして、

※“平成生まれ”の比較対象とするため、
平成生まれ世代とは年齢が離れている、
平成を迎えた年に若手社会人として活躍していた男女
(52歳~59歳)を “昭和生まれ”としました。

とありますので、腑に落ちない方も多いと思います。
昭和も60年以上続けば前中後期でガラリと変わりますよね。


この調査自体ひとつのエンタメとして楽しんで下さい。



2018.05.07

2018/5/7_【野添】 ゴールデンウィーク

あぁ・・・ゴールデンウィークが終わってしまいましたね。。
うちの家族は1日・2日が仕事、学校だったため、ゴールデンウィークは飛び石でした。
前半はキャンプへ、後半は九州へ行ってきました!

キャンプは川根本町にあるキャンプ場へ行ってきました。
昼間は暖かいですが、夜は冷えますね。
気を付けて準備したつもりでしたが、予想以上に冷えて夜中ちょっと寒かったです。
子供たちは平気そうでしたが。。

子供たちも大きくなったので、手がかからず、キャンプするのがとても楽になりました。
単純に食べて飲んでのんびりする。
ゆっくり過ごせましたが、いつもと違うことをするとやはり疲れますね~。
あぁ、体力がない。

後半は九州へ帰省。去年もそうでしたが、車で行ってきました。
うまい具合に渋滞にもほぼはまらず、スムーズに移動できました。
それでも12~13時間かかるのですが。。

今年は4連休しかないので、移動に丸一日使うとあまりゆっくりしていられない。
しっかり遊んだのは1日だけでした。
それでも主人の両親は喜んでくれたと思うので、長い距離を移動した甲斐があったと思います。

そしていつか富士山に登りたいという主人の母。
ふ、富士山ですかー!
私は20代の頃に一度主人に連れられて登ったことがあるのですが、20代でも辛かった。
キャンプに行くだけで疲れるのに、富士登山。
またいつか行くかもしれない富士登山に向けて筋力と体力をつけなければ!と思ったGW最終日でした。


2018.05.07

2018/5/7 [木村] 貴重な経験

 G.Wが終わってしまいましたね・・・

みなさんは、どんな休日を過ごされたでしょうか・・・

私は、やはり子供の予定で過ごしました

5/3、にエコパスタジアムで「静岡国際陸上」が開催され、我が子は出場しませんでしたが、チームとして出場し、私も行ってきました

リオ・オリンピックの桐生祥秀選手をはじめ、海外からも多くの招待選手か出場しており、とても貴重な経験でした。

残念ながら、欠場した有名選手が多く、対決の場面はそれほど見れませんでしたが、どの選手も本当に

速く高く遠く

ただ、感心するばかりでした。

子供達もかなり興奮していて、みな「スゲー」の連続

出待ちをして必死で「サイン」ももらっていました

子供が習い事ではじめていなければ、全く興味なかったはずでしたが、今では一緒に、イヤ私の方が楽しんでいますね

2020年の東京オリンピックが、ますます楽しみになりました

できたら陸上競技を見たいところですが、どれか一つでもいいから見に行きたいですね

Copyright (C) 白岩会計事務所 All Rights Reserved.