スタッフブログ

2018.07.11

2018/7/11_【野添】 初めての検定

スイミングスクールに通っている息子が、先日泳力検定というものを受けてきました

息子が受けたのは3級(50メートル自由形を56秒以内に泳ぐ、年齢によってタイムは異なる)で、申込みをしてから検定までの1週間、主人とほぼ毎日市民プールで練習をしていました。

しかし、一度も1分を切れない・・・
これはダメだな~、4級か5級にしておけば良かったかな~と思い、臨んだ本番当日。

手元のスマホでタイムを計ろうといざ画面を押そうとした瞬間、スタンバイ時間が長くて真っ暗になるスマホの画面。
わぁ~っ!と焦りつつ、2、3秒遅れて計測スタート。

頑張れ~!と応援しながら、25メートルを折り返し、真ん中まで泳いだところでタイムを見ると、ん?速いぞ?
ゴールした時のスマホのタイムは49秒。
2、3秒遅れてスタートしたから、その分プラスされるとしてもこれはイケたんじゃない?と主人と興奮気味に話していました。

結果は2週間後でないとわからないそうですが、子供がコーチの「51秒」という声を聞いたそうで、これは期待が高まります
練習で一度も1分切れなかったのに、本番で10秒近くタイムを縮めるなんて、本番に強い男です。

検定が終わった後、2人のコーチから選手コースに入ってよと勧誘されていましたが、本人はあまり乗り気でなく・・・
こればっかりは本人にやる気がないとダメなので仕方ないと思いますが、なんとな~く私の方からも勧めていこうと思います。


トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム

Copyright (C) 白岩会計事務所 All Rights Reserved.